地区の概況


地区の概況

 高島屋南地区は、岐阜駅から北へ約1kmに位置しており、柳ケ瀬商店街の南玄関口としての役割を担っております。本地区が位置する柳ケ瀬は、岐阜都市圏の中心商店街として繁栄してきましたが、近年は、名古屋市内の商業開発や岐阜市郊外の大規模店の立地に伴う競争激化に伴い、岐阜近鉄百貨店や長崎屋等の核店舗が相次いで閉店するなど、厳しい商業環境に直面しています。
 このような状況を打開するため、商店街では、各種イベントの開催や中心部巡回ワンコイン(100円)バス「柳バス」を走らせるなど、商店街の話題性を高め、客足の減少に歯止めをかけようと積極的な努力が重ねられていますが、商業活性化や賑わい創出は、道半ばの状況であります。
 さらに、終戦後に全国的に有数な繁華街として発展してきた柳ケ瀬は、土地の細分化や建物の老朽化が進行しており、生活環境の改善や、防災性の向上など土地の有効高度利用が求められている状況にあります。
 このような中、柳ケ瀬は、平成15年に賑わいや界隈性を創出する都市開発事業を促進し、かつ、大規模災害に備え、都市開発事業の促進により、建築物の不燃化、耐震性の向上、延焼防止等を図り、災害に強いまちづくりを推進する地域として「都市再生緊急整備地域」の指定を受け、平成19年には、高島屋南地区第一種市街地再開発事業が「岐阜市中心市街地活性化基本計画」に位置付けられるなど、柳ケ瀬活性化の起爆剤として期待される事業となりました。
 その後、平成23年12月に都市計画決定、平成26年10月に岐阜県の組合設立の認可を受けるなど、着実に市街地再開発事業を実現するための活動を行っています。


地区の写真




Copyright 高島屋南市街地再開発組合 All Right Reserved.